リバウンドの知識を深めてダイエット

ダイエットのリバウンドの知識

確実性の高いダイエットをするためには、リバウンドや停滞期についての知識を深め、メカニズムを把握することです。ダイエットで経験するリバウンドや停滞期には、明確なメカニズムがあるため、知っておけば対処はしやすくなります。短期間で極端な減量をすると、体は飢餓状態に陥り、エネルギーを供給することが困難になります。

 

不足しがちな食糧供給の中でも飢えて死ぬことがないように、食事制限中の身体はエネルギー消費量を抑えた省エネモードに移行します。この機能は、過酷な環境の中でも生きていくためには重要ですが、ダイエットを成功させたい時には全く不要な機能です。ダイエットをしている時に停滞期になると、今までどおりのダイエットをしていても体重の減りが鈍化しますので、モチベーションも下がります。痩せるためとはいえ、空腹状態を我慢し続けることや、好物が目の前にあっても食べることができないことは、メンタルを削ってしまいます。

 

ほとんどの場合において、停滞期は訪れるものなので、ダイエットをする時には事前の対策をしておくことが大切です。食事を減らすことを中心にするダイエットでは、筋肉の質や量が衰えて、基礎代謝の減退につながります。食事量を減らせば、短期間でダイエットをすることは可能です。しかし、筋肉が減っていると代謝が下がるので、以前の食事量にするとまた太り始めます。ダイエット後のリバウンドが起きないようにするには、適度な食事を摂取しつつ、運動もしてカロリー消費量を多くすることが重要になります。リバウンドが起きないダイエットをするためには、食事量と、運動量に配慮をすることがポイントになります。