妊娠中のダイエット

妊娠期ダイエット

ダイエットの必要性が、妊娠中に出てくることはありえるでしょうか。妊娠期には食べたいという気持ちが強くなって、大食いになることがありえます。妊娠していると体を動かすことも少なくなりますので、うっかり食べ過ぎて体重が多くなりすぎてしまうこともあります。

 

増えた体重を落とすために妊娠中にダイエットするのは、お腹の赤ちゃんに悪影響があるのではと思ってしまいます。もしも、妊娠中に体重が多くなりすぎると母体に負担がかかって、妊娠糖尿病や、妊娠高血圧症候群が起きやすくなります。妊娠高血圧症候群や、妊娠糖尿病は、無事な出産を妨げてしまう可能性がありますので、体重はしっかりコントロールしましょう。

 

妊娠している時は、母体への負担を減らすためにも、食事制限や、運動のしすぎは禁物です。ダイエット妊娠中にする場合は、どういうことをすべきでしょう。妊娠中に、ダイエットの必要性がある時とは、体重の増加が許容範囲をオーバーしている時になります。

 

妊娠すれば体重が増えるのは当たり前なので、目安の範囲内で産院から特に何も言われていない場合はダイエットの必要はありません。妊娠時に安静状態でいなければならない人でなければ、ウォーキングなどの軽い運動は体にいいでしょう。

 

まずすべきことは食事内容の見直しです。妊娠している時にダイエットをしたいという人は、産科の主治医に助言を受けた上で、適切な運動や食事の改善に取り組んでください。