ダイエットのリバウンドに注意しましょう

ダイエットのリバウンド

 

リバウンドとはどのように起こるのかメカニズムを把握することが、確実なダイエットには重要です。リバウンドの対策をしておかなければ、ダイエットを終了した途端に体重が元に戻ってしまいます。一時的にダイエットを成功させたと思ったものの、リバウンドをしたせいで減った分が戻ってしまい、痩せた意味がなかったという人もいます。ダイエットとリバウンドを繰り返した結果、太りやすくて痩せにくい体質になってしまう可能性もあります。

 

ダイエットをうまくやり遂げるには、ダイエットをした時にリバウンドのリスクが上がるメカニズムを把握しておくことが大事です。人間の体には、ホメオスタシスという機能が備わっています。身体の体温や体重を一定に保とうとする機能で、これがリバウンドに関与しています。ダイエットの影響で、体内のレプチンという成分が少なくなって満腹感を感じにくくなったり、筋肉が減少して代謝が下がることも、リバウンドに影響します。

 

普段の生活では食事により摂取する栄養量と、ホメオスタシス、基礎代謝、レプチン分泌とのバランスが保たれています。ちょっとしたことで体重が大きく変わらないのは、ホメオスタシスがその時の食事やコンディションに基づいてバランスをとっているためです。ダイエットを行ったことによって身体に変更が加わって、体重を制御するバランスが崩れると、リバウンドが起きてしまいます。リバウンドを起こさずにダイエットをしたい場合は、身体のバランスが大幅に壊れてしまわないような、ゆるやかなダイエットをすることです。リバウンドを起こさずにダイエットをしたい場合は、短い期間で体重を減らそうとするのではなく、長いスパンでダイエットプランを立てることです。