汗だくになって

多汗症の治療をより手軽に受けることができる方法として、ボトックス治療があります。多汗症は自分ではコントロールできない症状で、人前で汗だくになってしまい困る人も多くいます。多汗症には病的なものと、特に体質的に異常がないものとに分けられます。体質的な多汗症で困っている場合は、症状を緩和するための治療ができます。

神経に働きかけるボトックスという薬液を注入することで、多汗症治療を行うことができます。汗をかくきっかけになるものはエクリン汗腺という汗の分泌管があるためですが、そのエクリン汗腺の働きをボトックスで抑えます。汗腺を取り除くのではありませんが、効果が出易く、約半年から1年程度は効果が持続します。

多汗症が改善されれば、汗による体臭やワキガなどが軽減されることも期待できるのです。ボトックスによる治療方法は、手術を受けずに多汗症を改善したい人や、比較的汗のニオイが気にならない人、手の平や足の裏など、末端部分に汗をかき易い人に向いています。注射部位はエクリン汗腺になりますので、注射をする時でも筋肉注射のような痛みはありません。

ボトックスによる注射をしてから7日くらいで多汗症の症状が実感しづらくなります。定期的にボトックス注射を行うことで、徐々に多汗症の症状が抑えやすくなっていき、1年に1回程度の治療でOKになるという人もいます。お世話になってるサイト>>>>>アンダーゾーンの臭い対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>